<< 賢治さん&瀬織津姫続報 | Main | パートナーシップ考察その1 〜願いは有効か?〜 >>

賢治倶楽部フィールドワーク報告

滝神社賢治倶楽部から数日。WSの後はしばらく燃え尽き症候群になるはずなのにどうしても滝神社(旧熊野白山滝神社)にいってみたくなりました。

日程をみたらその週の土曜日なら行ける!思い立ったが吉日で、ブログで告知したところ、木曜日の告知なのにモノ好きな人たちが5名集まりました。(笑)総勢6名でフィールドワーク。

朝7時半という早い時間なのにみんな来てくれてどうもありがとう。氣功師古舘さんも車だしてくれてありがとう。 
滝神社2由来にバッチリ瀬織津姫の名前。うれしくなっちゃいますね。

そして急な参道。す、すごいパワースポット。
ぐるぐるするなり。

しかも、前日山水治夫さんの「瀬織津姫」のCDが届いたので聴いたとたん
部屋になんだかでっかいエネルギーがぐるんぐるん入ってきてびっくりした。誰なのかも意味もわかりませんがなんだか呼ばれてる?私たち?
滝神社お神輿おしりがプルプルになりつつ、山頂に到着。こんな早朝(8:30)になぜ宮司さんやおじさまがたちが勢ぞろい?

聞けばなんと!今日は滝神社の年に一度のお祭りで、今から神事をして神輿を里におろすんだって〜!(驚)

よ、よばれてますね、カンペキに。

しかも、流れで全員社にいれてもらって一緒に神事に参加。いきなり行って普段入れない場所で神事に参加することになろうとは…まったくもって驚いた。左にあるのがお神輿。代表して古舘さんが玉串を奉納しました。まづもろともに〜宮沢賢治〜

驚きも一段落して向かった先は「石と賢治のミュージアム
吉成さんのいうとおりだった!
冒頭のビデオ、確かに南北上山地は4億年前の地層だっていってた。ここに着目したあなたはエライ!
館長さんの愛あふれる説明で理解度が300%アップでした。こういうミュージアム最高です。みなさんぜひいってみてください!

そして今回、またしても「漢(おとこ)」に遭遇。これがまたおっとこまえなんです。
東北砕石工場を立ち上げた鈴木東蔵
この人こそもっともっと有名になっていいよ。この時代に「農民のしあわせなくして世界は変わらない」と「農村振興論」はじめ中央から4冊の本をだしているなんて。その志が賢治さんと強烈に共鳴したのでしょうね。
なんともイイ面構えなんだ、これが。

岩手、すごい、すごいところです。鳥肌たちます。

そして、私的メインエベント「まづもろともに」の詩碑詣で。
谷川徹三(谷川俊太郎のお父さん)の文字が最高にこの詩のスピリッチョとあっています。

宮澤賢治さん、鈴木東蔵さんのように強いスピリッチョ賢二詩碑を持ち、彼らとシンクロしてまづもろともに宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう!ではありませんか。

怖い、できない、まずおいといて自分のできるところからでいいので一歩を踏み出しましょうよ〜!

左は東北砕石工場にあった賢治さんの詩碑。

「あらたなるよきみちを得しとふことは

ただあらたなるなやみの道を得しといふのみ」


賢治さんのいうイーハトーヴは悩みも何にもない極楽浄土ではありません。不平等、不条理、いろんな現実をも受け止めた上で自分の使命を道を邁進していこう と言っているのだと解釈しています。

賢治さんの詩にもあるとおり、新しい道を進むのは決して楽ではありません。
でも、敢えて進んでみませんか?
わたしたちには それを乗り越えていける 強い精神性、内在神を包括しているはずです。

できるところから、少しづつ、イーハトーヴにつなげていきしょうよ。
わたしも無方の空にちらばっていくぞ〜♪
| 宮沢賢治・瀬織津姫 | 15:58 | comments(6) | trackbacks(0) |
COMMENT
す、すげーーーーっ・・・。
すごい、よりも口を開けてなんか、すげー・・・っとつぶやいちゃうー!
このコースを近々たどります。
谷川さんのお父様、これも感動。
(谷川さんの教科書に載ってる詩が好きだったので^^;)
読みながら悶々と悩むことも、よきみちの上なのだなぁとむくむく気持ちが強くなりました。
| matsu | 2009/09/28 9:31 PM |
先日はお世話になりました。
一人で行ったら迷子になっていそう(笑)な未知の場所。
連れて行っていただいて感謝です。

行った所それぞれが、なんとなく雰囲気の良い、落ち着く感じでした。
ほんとに岩手はすごいところだなーっと。それを知る岩手県人が増えたらもっともっと何かが変わっていきそうです。
| kozu | 2009/09/29 8:28 AM |
フィールドワークお疲れ様でした     突然 思い立って参加させていただきましたが とても素敵な体験をさせていただきありがとうございました 瀬織津姫ますます気になってきました

そうですよね 賢治さん鈴木東蔵さんのように  いろいろな現実を受け止めて
 それを乗り越えていける強い精神力を持って・・・
う〜ん  まだまだ強くないから 皆さんの愛をいただいて いつか必ずお返しできるように 岩手のアワ性として頑張ります

 

| kuku | 2009/09/29 2:07 PM |
matsuさん
名言をありがとうございます!

>悶々と悩むことも、よきみちの上なのだなぁとむくむく気持ちが強くなりました。


そうだね、本当だね。
悩めるのも人間として生を与かったものの特権だもんね。
まずはそこに感謝して人生を味わいましょう〜 with all♪
| sayu | 2009/09/30 4:43 PM |
kozuさんも名言まことにありがとうございます。

>ほんとに岩手はすごいところだなーっと。それを知る岩手県人が増えたらもっともっと何かが変わっていきそうです。

自覚が大事やね…

雄星くんも中学の担任に「プロ野球選手は夢を与える仕事だよね。だったらもっと人前に出てリーダーシップをとり、その姿をみんなにみせなさい」とアドバイスされ、変わっていったのだそうです。
(出典:甲子園HEROES)
| sayu | 2009/09/30 4:47 PM |
kukuさんも名言なるほどありがとうございます。

>岩手のアワ性として頑張ります

そうですよね
これからはサヌキ性(男性性の特徴、人より差をつけて抜きんでようとする左脳的発想)ではなく時代をリードするのはアワ性(直感をいかして他のひとと共存共栄する右脳的発想)が大事です。

それには岩手の女性である私たちがいち早く率先することがとっても大事。

瀬織津姫はそんな新しい時代の象徴なんだと思っています。
| sayu | 2009/09/30 5:01 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/90
TRACKBACK