<< ホノルルマラソン5回目の完走 | Main | 日本橋三越にて「漢方で温活・玄米甘酒応用」講座 >>

(社)菜食美人協会設立

 

畠山さゆり

明けましておめでとうございます!朝5時に佐智子をお迎えし円万寺観音堂まで元旦ラン。
初日の出に向かい1年の決意を。
(どこからカメラを構えてもラインが写りこんじゃう不思議。ほかの人のカメラみたらちゃんと丸いお日様でした)

畠山さゆり

なんて清々しいご来光でしょう。
帰ったら母親がおねしょしてましたがなんくるないさーと笑えるほど。
畠山さゆり
昨年の会社納会の様子。2016年を漢字ひとことで表してもらいました。
2016年12月28日は法人化10周年ひとつの区切りです。
ビーガンスィーツちびすけシリーズがナチュラルハウス様のクッキー部門売上1位になったり
芸能人のブログに登場したり、人気雑誌に紹介されたり
小さな飲食店の業務にとどまらない大躍進を遂げました。
またデザイン部も独立したメンズたちと本格的アライアンス提携にむけ
コンサルティング〜制作とトータルプロデュースの案件が増え
クライアント様とより深い関係性を構築することができました。
2017年はどんな年になるのでしょうか?
まずひとつ
2016年11月(社)菜食美人協会を登記しました。
大きく分けて2つの活動を展開していきます。
1)経営者・リーダー層を対象に
心身のストレス緩和にまで踏み込んだ食のサービスの提供
2)マスメディアやインターネットに溢れる情報の真贋を見極め
対象者に寄り添い適切なアドバイスを行える「食の指導士」の養成
春から本格的なWEBを立ち上げる予定ですが
活動自体はすでに動き出しております。
モニターのまっきー。糖尿病と高血圧の投薬うけてます。
マンツーマンで指導、しっかり食べてやせました。
健康診断の数値がたったの2ヶ月でものすごく正常に。
東洋思想にも心身一如という言葉があります。
文字通り体の健康と心の健康は密接にリンクしています。。
心は決して神秘的なものではなく、脳という臓器の機能に大きく左右されます。
生化学でいえば、わたしたちの体は細胞で構成されており
脳や臓器にいたるまで食べものが構成材料です。
食べ物は心をつくる材料となるわけです。
菜食美人協会では健やかな心の状態を「しあわせ脳」と定義し
「食べること」「食べないこと」両方の側面から「食養生」にアプローチし
皆様が心身ともに健やかな状態を保てるよう必要なサポートをしてまいります。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!
おまけ
ピラティス個人レッスンもうけてます。
20回突破しました。
こちらは指導者養成コースまで進む予定。
| さゆりのパカチョ日記 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/589
TRACKBACK