<< 9/25(日)東京でプチ断食セミナー開催 | Main | 断食マイスター1期生誕生! >>

いわて銀河100キロチャレンジマラソン

はじめてにウルトラマラソンにチャレンジ!オーバーワークで直前体調くずしまたが、シゲタカに鍼うってもらい土曜日には復活。

こんなところ走るそうです。いやはやすごいね。車でも結構遠いよね〜100キロ。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
翌朝4時スタートだったので、いつものメンバーで大沢温泉〜やはぎで夕食、我が家にお泊まりいたしました。
※オットとろくもいましたよ 彼らは出場しないそうです。。。

いわて銀河100キロチャレンジマラソン
ウルトラのいいことはゆっくりゆっくり走れること。普段のレースと違って気が楽です。なんだかんだで最初のスペシャルエイド35キロ。今日のゴールはここ! そうなんです、ここまでくれば十分だじゃ!当初はそう思っておりました。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
しかし
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
地元の方々の暖かいおもてなしをうけてたら、もうちょっと走ってみようかなと。まだ8時だし。。。というわけでスタート。たかみちゃんはひざの手術あとなのでここでストップ。それにしてもそのひざでよく35キロ走ったよ。
しかし、、、ここからじわじわ上り。40キロ過ぎからかなりつらかったですね。ようやく49.6キロに到達。せっかくだから50キロこえてみたい〜。もうちょっと走ってみよう。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
ここから気温も上昇。順調に上り坂。55キロすぎの峠でふらふらと自動販売機に。数十年ぶりに買った缶入アイスココア。世の中にこんなおいしい飲み物があるのか!ってくらい五臓六腑にしみわたります。フルマラソンでみんながコーラのむ理由がわかった気がしました〜。しかし登りはまだまだ続きます。余裕なくて写真撮れませんでしたが、なめとこラインの新緑の圧倒的な美しさたるや!景色にだまされてふらふら進んでいたようなものです。マイナスイオンってすごいねぇ。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
中山1号2号の橋をわたると長いトンネルが3箇所くらい。いつもはここが寒くて大変らしいのですが、今年は暑いのでトンネルの中は涼しくて助かりました。

いわて銀河100キロチャレンジマラソン
やった〜ようやく長い長い長い登りが終わりました!峠のてっぺんまでは、5キロ間隔のエイドでは足りないかんじ。その合間に施設エイドのみなさんがドリンクを出してくださるの(涙)本当にありがたかったです。。。
ここを過ぎたら待望の下りです!足も復活。元気に走ることができました!(当社比)
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
やったー!60キロ!ここで前を走っていたおじ様が急に歩みをとめました。「え〜どうしたんですか?」「足がもう動かない」そこからは一人で進みます。たくさんの人が歩いているので、亀の走りでもずんずん追い越していきます。ほぼ男性のみ。やればできるじゃん、わたし!と少し気持ちがあがってきます。
ここでセキノッチさんからメッセージ。「ぼくは57.5キロでリタイアしました」なにー!沢内の第2レストステーションにいくっていってたのに(笑)わたしも早くバスに収容されなくては、おかしなアドレナリンがでてきます。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
わ〜沢内におりてきたよ〜!沿道に応援するひとたち出現!里におりてきた〜というわけで、なんとか65キロ!あと1.6キロだ〜!ここでもたくさんの男性を抜いていきます(笑)
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
到着〜!沢内の▲好撻轡礇襯┘ぅ鼻ビスケットの天ぷら食べないと〜。ホノマラのゴールで配られるマラサダも美味しいけど、これもおいしいよ!マラサダに勝てるよ!というわけでここでリタイア申請。収容バスにドナドナされました。エイドごとに一緒になるおじさまに「73キロまでいこう。まだ関門まで十分間に合うよ」といわれ心うごきましたが、帰りのバスとか電車とか考えていさぎよくストップ。まさかここまでいけると思わず夕ご飯つくる予定にしてたんですね。
いわて銀河100キロチャレンジマラソン
ゴールの雫石運動公園ではプールに水をはってありアイシングできますし、氷も配布されていたれりつくせり。更衣室ではシャワーもあびられて本当に助かりました。盛岡駅、花巻空港、北上駅、北上運動公園までバスの送迎がありアクセスも配慮されてすばらしい運営だったと思います。各エイドのボランティアのみなさまにも感謝感謝です。
最後に、、北上の市民ランナー高橋さんがこんな紙ふってスタートを応援してくれました。小さく書かれた「アイドル」という文字がじわじわきます。実は去年も同様に準備してくださっていたそうですが、高熱でダウンしてDNSだったため日の目をみないでしまったのです。2年越しの応援、本当に嬉しいです。来年は一緒に写真とりましょうね!
はい、そういうわけで来年もエントリすることにしました!夕ご飯の支度も万全にして関門ぎりぎりまでチャレンジします。
翌日には足も復活してたし、あと30数キロだと思えば練習次第でいけそうな気がしてきました。
なにより、ゆっくり走るっていうのが、自分にむいてるみたいです。
というわけで新たな目標ができました、ウルトラランナーめざすぞー!
LOVE
| 登山・ランニング | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/577
TRACKBACK