<< 出会いが続く11月 | Main | 秋田、東京、仙台の11月 >>

2014ホノルルマラソサブ4.5達成!

ようやく仕事も納まりまして、約一ヶ月ぶりにブログでも更新すなり、と新調したウルトラブックを開いております。
いろいろすっとばしてホノルルマラソンのネタからスタートです!
今年で3年目、そして3回目となるフルマラソン、4時間16分でサブ4.5を達成しました!もちろんたかみちゃんも達成です。去年のフルマラソン直後「さゆりさん来年は4時間半をきりましょう。我々は次のステージにいく時期です!」JALのテントでたかみさまのご神託をうけてから1年、現実化できてほっとしております。毎年恒例、ロンドン在住の洋子とイアン夫妻にもホノルルで再会できて感無量。
去年は直前に摂ったジェルがあわず、スタート時には吐き気と震えでしゃがみこむほど体調を崩したこと、23キロすぎて両足がつって7キロ歩いたことが響きタイムは5時間35分。今年は事前対策をばっちり施し、足もつらず完走後もどこにも筋肉痛がでませんでした。ある一箇所を除いては。。。。
。。。。わ〜ん、あんなに準備したというのにノーマークだった左のくるぶし周りが故障したんです!足首は象のように腫上がり着地すると激痛です。相棒のたかみちゃんは当日帰国の途についたので、ホテルでは四つんばいで移動するありさま。そんな状態でもお腹はすきます。テーピングして痛み止め飲んで、洋子夫妻にタクシーで迎えにきてもらい完走の宴には参加しましたけれども。

畠山さゆりYokoおすすめのTanaka of TOKYOで鉄板焼きのショーをみたかったんですよね。イアンのお友達夫妻(奥様の和代さんはビーガンでございました!) 2年前知り合っためぐみちゃんも一緒。めぐみちゃんは成田高校の陸上部出身だけあり、先日の那覇マラソンでは3時間19分というすばらしいタイム。今回はお友達のペースランナーとして走ってあげたとゆー素敵な女性。 無事に就職もきまり、洋子がディナーをご馳走してあげていました。洋子と2人、こんな娘が息子の彼女だったらどんなにいいか、、、とため息つくほど明るく礼儀正しいかわいいお嬢さんですが、そんな彼女にさりげなくお祝いができる洋子夫妻も素敵だなーとしみじみ感じいった次第です。わたしなりの恩返しは洋子にリクエストいただいたので、そっちはばっちり実現してみませすぞ!

あれから2週間、足をひきずりながら歩行はOKとなりましたがまだ腫れが残っております。クライアントさんである総合病院のイケメン整形外科医(フルマラソンランナー)によると、わだすにはくるぶしの下に余分な骨があってそのでっぱりと腱が摩擦により炎症を起こし内出血した、腫れが引けば走れるようになるとのこと。使いすぎが原因といわれますた。スタートから痛かったからね、42キロもよくがんばった。左に力がかかるってことはバランスが悪い走法だろうから、より体幹トレーニングいれて春のシーズンをむかえたい!そしてサブ4を達成するのが次の目標です。
畠山さゆりホノルルマラソンも3回目ともなるとコンディションの保ち方が上手になってきます。
まずは早めに現地入りして体のリズムを現地にチューニングすること。
Airは木曜日から急に値段があがるので、水曜日のフライトがとれるといいですね。
わたしたちは水曜日の夜のフライトをとりましたが、夜中にでてくる機内食は食べずに飲み物だけにし、21時前に空港で日本食をいただきます。(天ぷらそばを大盛りでいただきました)ホノルルに到着するのが朝の9時半、日本時間では朝の5時半です。
シャトルバスでホテルまでいき、荷物を預かってもらいます。まずはコンベンションセンターに出向きゼッケンを受けとってからブースなどひやかした後でランチタイム。ここでお腹の虫が現地時間にアジャストされます
また行動を共にする人とライフスタイルや食の好みが一致してるとなおいいですね!わだすの場合はたかみちゃんが最高の天使で、5泊一緒にいても一人でいる以上に快適でした。
朝食は自分たちで。現地の新鮮やフルーツや野菜を食べるのが一番ですよね。初日にオーガニックスーパーで買い込んできたフルーツとグルテンフリーのグラノーラとココナツミルクでアサイーボウル。
そこにたかみちゃん特製のり入りの麦の味噌汁。梅干。ほんとにおいしかったなぁ〜。
パパイヤとマンゴが死ぬほど好きだから、毎日しあわせすぎました。
ちょっとまったりした後はホテルのジムで90分筋トレ。
あとはベジカフェを開拓しながらランチ、夕方まで散歩がてら街の探検。
夕飯はアポがなければ、フードパントリーで買ったでっかいサラダにフルーツ、海苔巻き、味噌汁、梅干。
夜の自由時間はお互い大好きなネットタイム。1日10キロは歩いてるので夜は熟睡です。こんな日を4日すごしてから走るのでベストタイムもでるというものです。

畠山さゆり  今回のホテルはアウトリガーリーフワイキキ。ハレクラニの隣にあり、洋子夫妻とハレクラニのプールサイドでピナコラーダのむときも便利だし、その他にも地の利は抜群。ただ、マラソン前夜の土曜日、19時から21時まで中庭で結婚式のライブがあり18時に床についた私たちですがどうしても目が覚めてしまいました(笑)次回の課題にします。
ただ、冬の岩手からいくので窓をあけたら海、というチョイスははずせないのよね。。。






畠山さゆり
このホテルから高橋果実店、オーガニックカフェが近いのもポイント高し。ここのトルティーヤとピタヤスムージーはおいしいよ!コンベンションセンターもそう遠くないので、そこから3キロ足をのばせばPEACE CAFEというビーガンカフェとDown to Earthというオーガニックスーパーがあります。食材の豊富さはもちろんですが、デリのおいしさも特筆に値します。
むこうはやっぱりパンがおいしいので、バーガーやサンドがおすすめ。しかし!驚いたことに玄米がめっさおいしいんですよ。ふっくらもちもち!びっくりしました、やるなーハワイ!
                    
 
畠山さゆり
クヒオ通り方面にいくとロイヤルクヒオの近くに移転したRuffage Natural Foodsもおすすめです。
われわれは、数あるパンケーキ屋さんにもガーリックシュリンプにも目もくれず、Sobe'sCafe的なお店で外食し、土地のフルーツと野菜をたくさんたべてよく体を動かしたおかげで心身リフレッシュできました。
これを軸としていれば、洋子夫妻とキムカツディナーとTanaka of TOKYOディナーもエンジョイできるんです。フルマラソンの後は普段はたべられないであろう、ハイカロリーのマラサダも2個おいしくいただきました。



畠山さゆり今回の旅のサプライズ。街のブチークで購入したランTシャツのデザイナーさんとコンベンションセンターでばったり。(驚)mau mapuというランナーズ向けブランドで、めっさかわいいのでみなさんにもおすすめです。Mieさんも毎年ホノルルを走るランナーでサブ4を狙っているといってました。どうなったかな〜

そしてこの格好のままDown to Earthで買い物していたら、あなたのショートパンツ、娘がデザインしたのよ というご夫妻に声をかけられました。
そうです、ヘザーブラウンさんのご両親だったのですね。(驚2)

このデザイナーさんとっても有名な方だそうで、FBで教えてもらいました。いわれてみれば街中よくみかけます。わだすが帰国した日にハワイいりしてイベントがあったみたいです。今回のハワイでビキニと携帯ケースもこの模様にしてみましたよ。

畠山さゆりはい、これが毎年恒例、洋子夫妻に便乗して楽しむ、ハレクラニのピナコラーダ。
この後ドレスアップした一行が向かった先がキムカツというのも笑えます。イアンがどうしてもとんかつ食べたいって目をキラキラさせていうんだもん、そりゃーいかないと!(笑
キャベツ、ごはん、味噌汁がおかわり自由でコスパもよくて大満足!











畠山さゆりたくさんの思い出を胸に帰国。
足も痛くて雪もいっぱいあって心折れそうになったけど翌日からの怒涛のスケジュールでアドレナリンでたのか、3時間にわたる病院の撮影(歩きっぱなし)や4連続の夜の会合(うち3日は泊まり)も無事にこなすことができました!
また来年元気に走れるように、地道に貯金とトレーニングをがんばります。
待っててね!ハワイ!
LOVE

 
| 登山・ランニング | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/551
TRACKBACK