<< 畠山さゆり&Sobe'sCafe東京出店のお知らせ | Main | イーハトーブレディース駅伝大当たり! >>

畠山さゆり著「35才からのリセット術」ご感想

JUGEMテーマ:自分が読んだ本
10/7(火)にひっそり発売された畠山さゆり著「美人-びずん-社長が教える 35才からのリセット術」沢山の方がFBに感想を寄せていただいております。一部をご紹介させてきただきますね。あたらめて自分で読み返してみたら結構面白い本じゃないですか(笑)
1620円の価値あり、みなさまもよろしかったらお買い求めくださいね。
-----------------------------

「意識、身体、食」3つの側面のリセットの勧め、変化を妨げる「困ったちゃん」への対策、それってでも実は内なる自分、とラスボス「自分」と向き合う‥どれも実体験に裏打ちされて具体的で実践的、ふんだんな挿絵はもれなくユーモラスです。
全部いっぺんにやろうとしなくても、ひとつでも、いまからできるのです。
私自身、数年前は挫折した身体と食のリセットを、49歳を目前にした今年できました。

いつでも、誰でも、その時は今。やめることも、はじめることも、いつでもできるのだと実感します。
光も闇も、喜びも悲しみも、
生活のなかに全てあるからこそ、私たち自身の人生は輝くのだと、この本は教えてくれます。
オススメです!畠山 さゆりさん、ありがとね♪

女性・東京都
-----------------------------
☆畠山さゆりさんの新著☆ 『美人社長が教える 35才からのリセット術!』 読み終わりました!
昔からすぐに結果を求めてしまう私。
焦らなくていいんだ♡ 心からそう思えました。
最後のStep5は読みながら号泣。
ふだん忘れていたことまで思い出して、
私、あの時のこんなこと気にしてたんだ…
そういえばこんな問題にも直面していたんだった…
どんどん思い出して涙が止まらない自分が不思議でした。
「こうあるべき」ではなく、 「こうありたい♡」
そんな自分の気持ちに従ってみよう!
自ら自分を苦しめる道ではなく、 るんるん生きていこうよ!!
そう思いました。
さゆりさんに背中を押してもらったので、 ここからは自分で答えを出していく番。
明日から21のメソッドを実践します♪♪
干支が3回まわった36才からが 本当の勝負時だそう。
なんだか今からその時が楽しみになってきちゃったo(●´ω`●)o
不満があるということは 起死回生のチャンス!
きっと私にとって今がそのチャンスのはず!!
今悩んでたことが懐かしい〜と 何年後かに思える日がくるのかな(*^m^*)
泣いたらスッキリ!
さゆりさん、ありがとうございます♡
皆さんにもオススメです(*´ω`)ε`*)
女性・岩手県
-----------------------------
畠山さゆりさんの新刊、読み終えました。
この本、年代問わずたくさんの女性に読んでいただきたいですね。
「こころ(意識)」「身体(行動」そして「食」を変えれば、人生好転間違いなし!
とありますが、ほんとにそう!と力を込めて私も叫びたい!!
そして読み進んでいくと、さゆりさんの楽しいイラストににんまりしたり、神妙な面持ちで頷いたり、じわーんとする場面もあります。
私自身、「あ、やられた…」と思う部分や、胸をズシーンと突かれる部分もありました。
とにかく面白くて一気に読み終えてしまいました。
女性・秋田県
-----------------------------
畠山さゆりさんの新刊、
【美人(びずん)社長が教える 35才からのリセット術】
昨晩読み終えました!!
いやー、一気にするすると読了。
わたし、月初に35才になったばかり。
さゆさんのこちらの新刊、わたしのバースデーの5日後に発売という奇跡!
わたしのために書かれてる!
(と、都合良く勝手に解釈)
これは、私に一旦リセットせよ、そして36からさらに羽ばたくために準備せよ!
という天啓、そしてさゆ啓!(と、勝手に解釈パート2)
バースデープレゼントだと思って読みました。
ステップ1から4にわたり、メソッド化されているわけですが。
…出るわ出るわ。
心のデトックス効果抜群!
でも、なんというのかな。
気持ち良いんです。
全くさめざめした感じじゃなく、スッキリ!!
便秘が解消したみたいな。
なかったと思っていた、宿便があった!みたいな。
で、その心の宿便を発見するだけでなく、その解消法がフィジカルなのがすごく良いんです。
具体的に、身体を使うことで、気持ちを立て直したりする方法がたくさん書いてあります。
それがすごーくいいなって。
もちろん、内観したり向きあう、自分をめんこがるのは、ゆっくりこれからも続けてこうと思いますが、
なかなかそういう時間を取りにくいのも、子育て女子には切実。
だし、わたしの場合見つめすぎて、フォーカスしすぎて、何回も苦しむことが多かったので。
なんつーか…もらいゲロ…?(^◇^;)
自分の出したものをみて、さらに、みたいな。
…変態か!(笑)
手っ取り早く、その自分不憫メガネを外してしまう。
それには、食とちょび運動だ!
これは、わたしも日々実感、実行していることでもあって。
わたしもホノルルマラソンに出たことで、万年文化部だった自分、運動嫌いだった自分が、思い込みの産物だったと知ったので、なんか面白いなーって。
走るようになると、傷つかなくなりますよねー、摩訶不思議!
で、わたしが一番ビビビと感じたことは、チョット意外なところでした。
ステップ4に出てくる、困ったちゃん7タイプのお話し。
わたし、まわりに今こういう人いないなー!と。
いや、気づいてない??
20代までは、まさにこういう人いたいた、いたんです。
そしていちいち傷ついてました。
今とは比べものにならないほど!
でも…今いないなあ。
いても、感じても、さらりと流してるみたいだ。
逆に、しちゃってないか⁉︎
困ったちゃんしちゃう側になってないか⁉︎
って、気づきでした(汗)
き、気をつけます…(^◇^;)
ちょっとしたショックです(°_°)
あっ!
あの時こう言って、こう返されたのは、こうだったからだ!
という気づきが満載すぎて恥ずかし。
自戒自戒!!
みなさまは、どこにビビビと来ているのかしら^_^
読んだよーというみなさんで、お話会も楽しいだろうな!とか、ワクワク。
何度もおかわりして読む予感がします。
さゆさん、良いタイミングに良い本を、本当にありがとうございます!
女性・岩手県
| 断食・講座・イベント | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/545
TRACKBACK