<< 仙台国際ハーフマラソン2014 | Main | お母さんありがとう >>

親の介護と会社経営

JUGEMテーマ:介護

 昨日は母親の介護認定の面接で
今日は月次の精神科診察。
歌子さんの問診内容を聞いていると
歌子さんの脳内とわたしの現状認識に
ここまで差があるものかと愕然とするなり。

ここ1ヶ月でびっくりするほど
歌子さんの認知症が進んだ気がする。
ここまで急速に劣化するものだろうか。

ひとりにしておくと心配だが
かといって一緒にいると
心の平和を著しく損なうというジレンマ。

男性ひとりで親の介護してる人(特に認知症)
心を病んだりしないだろうか。
思わず叩きたくたないだろうか。

わだすはろくちゃんの視線があるので
なんとかふみとどまっているものの
いつどうなるかわかんないもん。
虐待する人の気持ちもわかるし
精神を病んでしまう人の気持ちもわかる。
わたしだってかろうじて薄皮一枚で隔てられてるだけだもん。

しかしあれだね。
こうやって歌子さんのことを
思い悩めるのも
めんこいスタッフたちが
会社をしっかり回してくれてるおかげだよ。
この事実を決して忘れてはいけない。

スタッフや会社経営に悩みながら
歌子問題が勃発してたら
わたしの心は容易に壊れていただろう。こう考えると
歌子さんも発症の時期を待っててくれたのかな。
天の采配おそるべし、である。

仏教の教えでいうと
人生のテーマは慢(執着)を手放すことだとしたら
わたしのようにfull of 慢の人間にとって
会社経営→母親の介護ルートは
最強の人生修養プログラムなんだと思うしかない。

会社に最強のスタッフが揃ったところで母発症。
この20年ノンストップでフル回転。
いやいやそれだけわたしの我執は手ごわいってことだ。
つかの間の休息も与えられないほどに。

人間みないつかは死ぬ。
全ては死ぬまでの暇つぶしにすぎない。
ならば、せめても宴のように
命燃やして過ごすとするかな。

この世は楽しかったよ
お迎えが来たとき、胸をはってそう言えるように。

今日もありがとごじゃいます
LOVE





| 親の介護 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/522
TRACKBACK