<< 2012ランニング始動! | Main | マクロビツアーin名古屋アルバム vol.1 >>

満月の名古屋で新展開!

 4/7〜8 マクロビオティックツアーin 名古屋にいってまいりますた。
2日間みっちりみちみち充実スケジュール
東海テレビさんの密着取材もありました。

解散後は友人の名古屋マダムの豪華マンションのゲストルームに泊めていただき
夜遅くまで話し込み、朝は7時には名古屋を出発。
帰りは仙台で降りて代理店さんと商談こなしようやく帰宅。

普通だったら、ちょっと寝込んでもいいスケジュール。(笑)

しかし、、、
家族の夕食をつくったら力があまってしまい
19時からSumはなまきのみんなと5キロ走ってきました〜
Sumはなまき

結構わだすタフ?(笑)

いえいえ、、、

マクロビツアーin 名古屋
マクロビツアー in名古屋で
最高にエネルギーチャージできたおかげだと思います!
写真左より、名古屋マクロビ界カリスマ廣瀬ちえさん
ソーベーズの畠山さゆり
ベジミートでおなじみかるなぁ 余語啓一さん


ツアーを企画してくれたのは、まゆたんこと室谷真由美さん
まゆたん本当にありがとう。

マクロビツアーin 名古屋

濃縮エスプレッソのような濃ゆい2日間でした。
しかもはじまりが満月!

マクロビツアーin 名古屋

合成写真ではありませんぞ。
ライトアップした名古屋城です。
そのとなりにまんまるでで〜っかい満月をみながら
廣瀬ちえさんプロデュースのマクロビオティックディナーコースを
ウェスティンキャッスル名古屋でいただく夜。
こんな贅沢がありましょうか。

しかも今をときめく「名古屋おもてなし武将隊」の家康さまもご同席ですぞ!
さらにシェフお二人もご挨拶にみえ、VIP待遇ありがたかったです。

天秤座の満月はパワーが非常につよく
来月の金環日食にむけて大きな変容がおきるらしいですぞ。
なんだか象徴的ですね!

マクロビツアーin 名古屋

桜も満開!
(撮影 磯貝さん)

変容の萌芽が十分に感じられた2日間でしたよ〜

マクロビツアーin 名古屋

いつも岩手に来てくれてる東海テレビさん
今回は地元名古屋で2日間密着してくださいました。
かるなぁさんのアンテナショップ 撮影 まゆたん)

マクロビツアーin名古屋
これも本当に本当に不思議なご縁です。
自然菜食カフェまぁるごとさんにて惣兵衛米のランチ撮影 余語さん)


旅のご報告は、
磯貝さん(フルマラソンにでたばかり)の写真を
後から挿入しながら(もらう気満々でいる)
何回かにわけて報告しますが

包括すると、、、

名古屋で日本の食文化、良心を次世代に伝えようと頑張っている
経営者のみなさんと職場を訪問しお話を聞くことで
それはそれはよいエネルギーをいただきました。

それは経営者ですから厳しい局面はあるでしょう
それはあたりまえのものと内包し
常に光をみている心の姿勢
ご多忙中のおり、嫌なひとつせず、手作り感満載ののおもてなし
(たんまりごちそうになりました!)

そしてツアーのメンバーは
マクロビ、食、食文化を通じて 
自分もまわりも幸せにしたいという共通意識があること
しっかりぶれない芯があること
自分の看板で勝負してること
仲間のことは自分ごと、自然に善を与えられること

つまり「氣」のいい仲間だったので
2日他人が密着してもずっと元気でいられたんだと思います。

あとは「玄米のチカラ」!
旅先で3食マクロビをコーディネイトしてもらったおかげ。

それと「カラダを動かす」!
名古屋の前々日、実母がまたおかしな言動事件の最中
オットに強烈ないやみをいわれますた。(←家事がずさん系)
しかしながら、その日は走る日。
走り終わったら、あら不思議。怒りはすっかりGone with the wind。
これ、運動してなければ、思考が先走って
怒りの毒で自家中毒になってたと思う〜、あ〜良かった〜
そして出張の疲れも走ったから抜けたと思うの〜
Sum はなまき

玄米たべて、汗ながし、ココロ、カラダ リセット!
新しい局面にチャレンジするには
カラダもココロも体力必須。

名古屋とは公私にわたり
太いへその緒がつながったはんで
体力つけて健全な思考を意識していくなり。

東海テレビさんの番組は9月ごろ放映とのことで
まだまだ取材は続きます(笑)
それまでにいろいろ形にしていきたいな!

それにしても
よきご縁は人を通じてしか得られないものだすなぁ。しみじみ。

みなさんどうもありがとうございます。

らぶ ふぉえば!
マルカワ味噌

1337年創業の「まるや八丁味噌」さんにて
(撮影 磯貝さん)

| Sobe'sCafe関連 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://bizun.sobe.jp/trackback/378
TRACKBACK