<< LOVE配達されるの巻 | Main | 三上亜希子イラスト展→ぐるぐる→RUN! >>

前向きに表現する

 昨日のデリカフェお話会 楽しすぎた。

Tummyちゃんブログ

TTummy

この会の後に走ったわだす、
もうさんざんな具合で
帰宅後
ビールをプルトップをあけてやさぐれたというのに

メンバーの◎◎◎ちゃんは
帰宅後大きなサプライズがあったようです!
マジ〜〜???
もう凄く嬉しい!!!最高です!!!
ちょうど直前にその話してたばかりだったから。

愛ぐるぐるおすそわけされました。ありがとう。


Tummyの「インターネットとわたし」ってコーナー聞いてて
来し方行く末にちょっと思いを馳せた。

わだすのバヤイ97年から仕事として携わってきたわけですが
表情や声のトーンがない
文字でのコミュニケーションは
微妙なニュアンスがつたわらず
トラブルが多発しました。
アスキーアートと呼ばれる顔文字文化が発達したのは
そんな背景があったから。

円滑なコミュニケーションのために
ネット上のエチケットを「ネチケット」と称しておりました。
今では「IT リテラシー」という表現を使うけんども。

ITの仕事をして13年たちますが、そんな経緯から
メール文章については非常にナーバスです。

デリケートな内容は
相手のリテラシーを加味して
何度も推敲したり、
スタッフ全員で表現をチェックしたり
非常に試行錯誤してきました。

時々裏目にでたりもして(笑)

そんなわけで
必要以上にメールの表現に反応してしまうという
もろ刃の刃体質になってしまいますた(笑)
相手のメールのちょっとした表現が気になって
落ちるんだよね〜(笑)わはは。

メールや日報などの文字コミュニケーションで

一番大切なことをひとつだけ・・・というのでしたら

前向きな表現をつかうこと かな

明日までにご回答いたただかないと困ります

より

明日までにお返事をいただけると助かります

とかね。

実際 言葉でだって

そんなことしてると嫌われるよ

っていわれるよりも

こうするともっと好感度がアップするよ

っていわれたほうが痛くないよね。

同じく業務日報も

問題は問題としてあげながらも
どうしたら改善するかとか
悲惨な中にも光をみつけてそこにフォーカスする癖をつけるといいよ。

予約のお客様以外来店ゼロでした

って書くのと

予約のお客様がいらしたおかげでノーゲストをまぬがれました!

って書くのでは

書いた本人と読んだ本人の未来に大きな差がでます。

脳内の考えを文字にすると
目から情報が脳に再インプットされるから
強烈に固定されるのね。

願いごとは書くと叶うってていうのはそういう意味。

毎日、ネガティブな言葉を書いたり読んだり耳にしてたら
強烈に脳にインプットされて
現実はネガティブになるから注意だよ〜ん。

だって思考が現実をつくるんだもんね!

そんなわけで

相手にモノ申すとき

お願いするとき

提案するとき

日報をかくとき

ポジティブワードに変換できる個所はないか

書き終わったら、一回点検してみてね。

今日もいっぱいおっぱいLOVE
(おっぱいは余計だろ)


※isisさんのWSすでに4名様お申込みがありました。
もう!なんてラッキーな4名様よ。

| さゆりのパカチョ日記 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK